« 中華粉料理8●鍋貼(コオティエ) | Main | エンタメ&カルチャー日記3●白鳥に魅せられて »

February 27, 2005

中華料理14●蒜酥鱈魚

目次

蒜とはにんにく、酥とはカリカリっとしたもの、パイ状のものの総称です。蒜酥とはつまりにんにくを油で揚げて作ったガーリックチップのこと。これを鱈魚つまり生たらに振りかけて蒸し揚げたお料理です。

suansu

■蒜酥の材料と作りかた
にんにく4個
サラダ油150cc
1.にんにくの皮をむき、みじん切りにする。←フードプロセッサーを使うと便利です。
2.フライパンにサラダ油を中温に熱し、にんにくを加え、色づいてカリっとするまで炒める。

Tips
★野菜炒めやチャーハンに入れて、インスタントラーメンに散らして。いろいろなお料理の風味を増して抜群においしくしてくれる揚げにんにくです。
★同じように作る揚げねぎもポピュラー。

■蒜酥鱈魚の材料と作りかた(4人分)
生たら4切れ
長ねぎ1/2本
蒜酥大2
酒大1
醤油大1
砂糖小1
白こしょう少々
1.長ねぎをみじん切りにしておく。
2.蒜酥以外の調味料を合わせておく。
3.たらの表面をキッチンペーパーなどできれいにふき、深めの皿にならべる。
4.調味料を回しかけ、蒜酥を散らす。
5.ラップをし、セイロか蒸し器に入れて、10分くらい蒸す。
6.長ねぎを散らしていただく。

Tips
★たらの変わりに白身の淡白なお魚なら何でも。鶏肉でもおいしくできます。

私のお料理サークル8●2月は餃子パーティ

目次


« 中華粉料理8●鍋貼(コオティエ) | Main | エンタメ&カルチャー日記3●白鳥に魅せられて »

Comments

私はこのパターンの豚舌食べたよ。タンって好きじゃないけどこれはすごく美味しかった!!

Posted by: じゃり | February 28, 2005 at 12:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44923/3104683

Listed below are links to weblogs that reference 中華料理14●蒜酥鱈魚:

« 中華粉料理8●鍋貼(コオティエ) | Main | エンタメ&カルチャー日記3●白鳥に魅せられて »