« エンタメ&カルチャー日記7●ブロードウェイと謎の夢幻能形式 | Main | 私のお料理サークル10●初めてのオープンハウス »

February 12, 2006

極私的グルメ日記1●ご近所イタリアン

目次

最近、世田谷のうちの近くにもイタリアンが続々オープン。名店と言われる店も増えてきた。駒沢公園通りの小さなお店「イルジョット」もそのひとつ。一見メニューが少ないかなと思ったが、その日のお薦めの魚や肉を加えると、客席数の割にはバリエーションは十分、がんばっているなぁという印象。特に力を入れているのが手打ちパスタらしく、サンプルを見せて丁寧に説明してくれる。これは中目黒のトラットリアでも同じだった。東京イタリアンのいまのスタイル?このお店はとにかくあたたかい雰囲気とサービスのよさが特徴。もちろんお味もよいけど、不便な所にあるので強力にはお薦めしません。お値段も平均的。
ついでにあまり新しくはないけど、ご近所イタリアンをもう一軒。三茶は世田谷のアメ横と言われる(それほどの場所じゃないんだが)太子堂商店街を抜けていくと、「チェントルーチ」があります。こだわりの名物シェフの店として雑誌などにも取り上げられたことも多いけど、一人であれだけ素材に凝ったものを作るのはもはやオタク!ひとつひとつ丁寧に作られたお料理はかなり創作性が高く通好み。職人魂を見たい方はぜひ。しかし個人的にはプリフィクスしかないのはやっぱさみしい。またイルジョット同様、ちょい不便なので強力にはお薦めしません。
ご近所イタリアンではやっぱり以前紹介した「EURO」がオススメ。どこの雑誌にもブログにも載っていないけど、見かけは完全に喫茶店だし、実際お茶だけで帰るお客さんもたくさんいるみたいだけど、でもホントちゃんとしています。ただワインにはテコ入れ必要・・・。でもこれって致命的?
「EURO」に関してはこちら↓
エンタメ&カルチャー日記5●雑多&ミーハー

目次


« エンタメ&カルチャー日記7●ブロードウェイと謎の夢幻能形式 | Main | 私のお料理サークル10●初めてのオープンハウス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44923/8622622

Listed below are links to weblogs that reference 極私的グルメ日記1●ご近所イタリアン:

« エンタメ&カルチャー日記7●ブロードウェイと謎の夢幻能形式 | Main | 私のお料理サークル10●初めてのオープンハウス »