« 台湾旅日記2007年6月編その4 | Main | 台湾旅日記2007年6月編その6 »

July 04, 2007

台湾旅日記2007年6月編その5

目次

はい、またまた今日も始まりますよー。晴れだか雨だかちょこしょこ変わる天気の中、今日はちょっと一人でゆっくり過ごしたい感じなんです。新しくなった故宮博物院にも行きたいし。だけど食べたいものもいくつかあって、結局こんな感じの行程になりました。
まず仁愛路のマンションから歩いて東門市場へ。ここは去年のツアーで来て、みんな大好きになった場所です。台湾には市場がたくさんあるけど、ここはその中でも大きくて豊富なフルーツや野菜を見ているだけでも本当に楽しい。ところどころで檻に入った(生きた)にわとりさんのすぐそばで、見事な手腕でさばかれた鶏肉がこんもりと並べられて至りとか、あのアジアの市場には必ず見られる意味のない扇風機(みたいなもの)の下に並べられた魚とか、もうこれぞ市場って感じ。
P4160064 P4160065えーっとお(汗)、豚の顔とトリのマルです。怖すぎ・・・。
P4160063_1青菜の種類の多さとみずみずしさ肉燥乾麺は特筆もの。しかも安いよー。(ひと束10元くらい)

さて奇福扁食で肉燥乾麺をとりあえず食し、その後ビルケンストックで履きつぶしてしまった靴の代わりにサンダルを購入し、超有名な永康街の冰館(ピンカン)へ。ここはねー、鼎泰豊(ティンタイフォン)と並んで日本人観光客が必ず行かねばならぬお店なのですよー。この日も鼎泰豊から流れてきたらしき人々がズラーっと並んでいました。で、私の食べたのはもちろん今回の旅の目的マンゴーのカキ氷。なんと台湾の物価では考えられない150元もするんだよー(ちなみにさっきの肉燥乾麺が35元)。でもってお味は高雄で食べたものと比べると、ちょっとどうなのよ?いや、これしか食べていなかったら十分満足。だけど高雄であれ食べちゃったりしているとねー。
P1010356肉燥乾麺です。ちょっと麺がやわらかすぎかな?
P1010357っつったって、やっぱおいしいよ、アイスもたっぷり載ってるしね。

さていざ故宮博物院に着いたころにはすでに2時過ぎ。新しくなった博物院はとにかくおっされーな感じ。元々きれいだったのに何なんでしょう?展示物も変わっていると思うけど、結局人々が集まるのは、有名な白菜とか角煮とか。あと私が好きでいつも見入ってしまうのは象牙細工。本当に精巧で感嘆します。カフェもミュージアムショップもきれいでいろいろそろっているけど、なんでトイレは以前のままなの?もっと広くてきれいでいいじゃん?
P1010361P1010363こんなにきれいなのにトイレなんとかせいや!

外に出ると雨が降っていたので至善園(敷地内にある中国庭園)は見ずに、そのまま母方の伯母の家に。毎週月曜と金曜は母方の兄弟姉妹が集まって麻雀をしているのです。みんな高齢なので、手先や頭の老化防止にはちょうどいいのでしょう。ちなみに台湾の麻雀は日本のに比べると単純だそう。私はさっぱりわからないけど、しばし見ていました。
さてその後、少しおみやげを買ってから父方の上の叔母(普段はアメリカ在住)の家に行き、食事&ワイン。刺身をメインに絶品のタケノコ(今日はお醤油で食べる!)やカラスミなどおつまみが充実。ちなみに私の親戚は父方も母方もなぜかみんな日式(和風)が大好き。台湾料理、特に肉の脂身とか内臓とか苦手で、私が何でも食べられるのを見て超びっくりしている。私たちはわざわざ台湾まで台湾&中華料理を食べに行き、台湾の人たちはお刺身とわさびを買って食べたり、さっぱり系の食事で日式にひたっている。なんかおもしろいよね。

最後はみんなが帰った後に仲良しの叔母とワインを飲みなおし、すっかり酔っ払って帰路へ。うーむ、どこでもおいしいもの&ワイン、やっていることは同じだねー>私ってば。

台湾旅日記2007年6月編その1

台湾旅日記2007年6月編その2

台湾旅日記2007年6月編その3

台湾旅日記2007年6月編その4

台湾旅日記2007年6月編その6

台湾旅日記2007年6月編その7

目次


« 台湾旅日記2007年6月編その4 | Main | 台湾旅日記2007年6月編その6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44923/15631804

Listed below are links to weblogs that reference 台湾旅日記2007年6月編その5:

« 台湾旅日記2007年6月編その4 | Main | 台湾旅日記2007年6月編その6 »