« 台湾旅日記2008年2月編その6 | Main | 台湾旅日記2008年4月編その1 »

台湾旅日記2008年2月編その7

目次

3月4日(火)今回の台湾旅行最終日です。まずは本当は誰にも教えたくないほどおいしい焼餅油條を食べに国父記念館向かいの光復市場付近へ。この焼餅油條との出逢いに関しては昨年のブログを読んでくださいね。
台湾旅日記2007年6月編その6

156
焼餅油條
今回はちゃんと写真撮りました。焼餅とは外側のオーブンで焼いた中華パンのようなもの。ただしお店によって味や食感は全く異なります。このお店のはパイっぽい層がきめ細かい繊細な感じ。中の油條は中華揚げパンのようなもの。長細いスティック状をしたものを切って焼餅の中に入れています。つまりパンinパンですね。最初は??と思った人でも、このおいしさには必ずはまります。ちなみに油條は細かく切っておかゆに入れたり、台湾の伝統的飯團にも必ず入っています。

P1010354
光復市場の中
小さな市場ですが、何でも売っています。今回は塩卵、血糕(豚またはアヒルの血をもち米で固めたもの)、お惣菜などを買いました。

お次も誰にも教えたくないシリーズ。大安路の焼餅です。こことの出逢いも去年でした。
台湾旅日記2007年6月編その2

P1010126
老麺焼餅
同じ焼餅でも全く違う味と食感。こちらのはふっくらもっちり。葱の香りがとても香ばしい。

今夜は五股にある下の叔母の家に移動、従弟に麻油雞の作りかたを教えてもらうことになっています。その前にちょっと観光、台北駅すぐ近くの「台北故事館」に行きました。ここは古きよき台北の様子を再現した懐かしのレトロ博物館。時代は全然違うけど、ちょっと両国の江戸東京博物館みたい?あ、規模も全然違いますけどね。

P1010357
「台北故事館」
台北は最近レトロブームらしく、レトロ系レストランがたくさんできています。


P1010380
麻油雞
作っています。簡単で本当においしい!しかも身体によい!!さんじゅうまるの台湾薬膳スープ。台湾では必ずと言っていいほど産後のひだちに飲むもの。

今回もたくさんおいしいものを食べ、楽しい出逢いもあった旅でした。寒い季節なので果物を楽しめなかったのは残念だったけどね。あいるびーばっく!

「光復市場」国父記念館の仁愛路を挟んだ向かい側の路地を入ったところになる小さな市場。市場そのものは建物の中ですが、そこに行くまでの路地にもたくさん露店が出ています。その一角に絶品の焼餅油條の店があります。11時くらいには売切れてしまうので気をつけて。ちなみにこの店の豆乳もうまい。
「台北故事館」台北市忠孝西路一段50號地下2階
昔懐かしいおもちゃ、駄菓子を売るお店や、カフェ、レストランもあります。

台湾旅日記2008年2月編その1
台湾旅日記2008年2月編その2
台湾旅日記2008年2月編その3
台湾旅日記2008年2月編その4
台湾旅日記2008年2月編その5
台湾旅日記2008年2月編その6


« 台湾旅日記2008年2月編その6 | Main | 台湾旅日記2008年4月編その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44923/41372375

Listed below are links to weblogs that reference 台湾旅日記2008年2月編その7:

« 台湾旅日記2008年2月編その6 | Main | 台湾旅日記2008年4月編その1 »