« 台湾旅日記2008年4月編その5 | Main | 台湾旅日記2008年9月編その2 »

台湾旅日記2008年9月編その1

目次

今年3回目の台湾!今回の目的(言い訳)は甥っ子ニッキーの結婚式に参加すること。4月に婚約ディナーが行われた時点では9月の式には出られんだろうなあーと予測しており、その代わりに4月の婚約ディナーに出たつもりが、結局、結婚式にも出席できることになっちゃったのでした。今回は4泊5日、しかも往路は夜、復路は朝で実質3日間しかない旅。でも台湾初めての二人のお友達もジョインして、またまた小吃食べまくりの旅をしてきました。

9月5日(金)いつもの撫順街の簫師父足底養生館で足裏を養生。父方の二人の叔母とともに日本人観光客にもおなじみの台南担仔麺の「度小月」(ただし中山北路の新店)でランチ。汁あり、汁なし、麺の種類もいろいろ選べるけど、私は仔條(ツァイティアオ)がお気に入り。いつも通り、冷筍(たけのこのお刺身)、蝦捲(えびの湯葉巻き揚げ)もいただきました。

その後、母方の伯父と伯母を訪問してから、今回の宿YMCAへ。YMCAは台北駅すぐそばの便利な場所にあり、値段も手ごろです。何年か前に内装をリニューアルしたので、まあまあきれい。17時前に今回ツアー参加者の一人マコが到着。地元の友人りんちゃんも一緒に、今日の食べ歩きは淡水(タンシュエ)です。

淡水はMRT淡水線の終点にある港町。駅から続く老街(ラオジィエ=古い町並み)には小吃(シャオツー=おやつ、軽食)のお店がずらっと並び、週末は結構な人出です。この街で有名な食べ物は、魚丸湯(ヒーワントゥン=魚の団子入りスープ)、鐡蛋(ティエタン=うずらの卵の醤油漬け、その名の通りすごく硬いのが特徴)、そして阿給(アゲイ=油揚げにしっかり味で煮込んだ春雨を入れたもの。日本語のアゲから当て字でこの名が付いた)。でも私のお目当ては何と言っても胡椒餅です。饒河街夜市にある福州胡椒餅が有名だけど、この淡水のものが何倍も上!本当においしいんです。

P1010022
外はカリっ。中は超ジューシーでスパイシーなお肉がたっぷり。お肉は赤身か脂身が多いものか、選ぶことができます。

この日はほかに芭楽(パラー=グアバ)に梅味の甘い粉をかけたもの、鐡蛋、葱抓餅(ツォンツアーピン=小麦粉を練ったクレープみたいなもの)などを食べ歩きつつ、淡水河沿いにてこてこと漁人碼頭(ユールンマオトウ=フィッシャーマンズワーフ)まで歩くことに。その間に不思議なものに出会ったのである!

P1010034
これです。実は豚!そして巨大!!おじさんが豚二頭を散歩させていたのです、フツーに犬のように。後から、テレビを見ていてわかったんだけど、どうもこのホルスタインのような模様を持つ豚は、最近ペットとして人気がある模様。このおじさんは多分ブリーダーだったと思う。二頭はツガイで、メスは出産直前という感じのお腹をしておりました。

「度小月」台北市中山北路二段180號
「胡椒餅」住所不明。中正路の老街を抜けたあたりにあります。


« 台湾旅日記2008年4月編その5 | Main | 台湾旅日記2008年9月編その2 »

Comments

Grab your free clash of clans cheat right here in the free giveaway page and you are off to enjoy the adventerous journey that the game has to offer.

Posted by: how to hack clash of clans with cydia | July 26, 2015 at 12:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44923/42704930

Listed below are links to weblogs that reference 台湾旅日記2008年9月編その1:

« 台湾旅日記2008年4月編その5 | Main | 台湾旅日記2008年9月編その2 »