« 台湾旅日記2008年9月編その1 | Main | 台湾旅日記2008年9月編その3 »

台湾旅日記2008年9月編その2

目次

9月6日土曜日。毎度のことですが、台湾では朝食も楽しみのひとつ。今日は大安路の焼餅(サオピン)からスタートのはずが・・・。なんとなくなっていたのです!大好きな大好きな南港老張焼餅店が!元々、忠孝東路七段にあるお店のようなので、次回はそちらを探しに行こう・・・。残念だけど、いつものおばちゃんの飯団はちゃんと食べました。

P1010065P1010064
今回は近くのお店で肉羹(バーキー=肉入りとろみスープ)にチャレンジ。朝から結構ヘビーなもの食べてますね、台湾人は。この店は油飯(ユープン=台湾風おこわ)や炒米粉もおいしそうだった。

P1010069
台北牛乳大王の木瓜牛乳(ムークワニョウナイ)も欠かせないっす。Taipei Milk Kingの看板がかわいい。

今日はニッキーの結婚式のため、マコは一人で故宮博物院ほか台北観光へ。一方、私は従妹のブンキーとそのお母さんと牛肉麺を食べに行きました。

P1010074P1010075牛肉麺はいまや台湾の国民食。写真だと違いがよくわからないですけど、大きく分けて、醤油&やや辛い味の紅焼(ホンシャオ)とさっぱりした透明スープの清燉(チントゥン)があります。でもいまはカレー味とかトマト味とか新種も多く出てきている模様。牛肉がたーっぷり載っております。

美容院で髪のセットと爪のお手入れをしてから、今回のメインイベントである結婚式会場へ。ニッキーの両親、叔父家族、アコン(祖父)も一緒です。会場では新郎新婦の縁結びのきっかけを作った嘉恵さんとも合流。嘉恵さんは私の台北旅行のたびに貴重なグルメ経験をさせてくれる方です。

Scan0078b
台湾旅行をしたことがある方は、変身写真館なるものの存在を聞いたことがあると思います。プロのモデルさながらに着飾って写真を撮ってもらう遊びだけど、結婚するカップルは必ず様々な衣装を身に着け、いろいろな景色の前で写真を撮り、アルバムにします。しかしこの二人のは特にすごかった!カメラマンも著名な人らしく、淡水ロケまで敢行してました。新婦が元々モデルのようなスタイルなので、めっちゃ決まっているし!

式は故宮博物院の敷地内にあるリージェントホテル系列の「故宮晶華」。中庭で式を挙げた後は240名もの大披露宴。とは言っても、堅苦しい挨拶など抜きでお食事と歓談を楽しむカジュアルなもの。ここで驚いたのは「台湾時間」と「台湾式服装」。7時からの宴のはずなのに、時間になっても席は半分強くらいしか埋まっていず、実際に始まったのは7時半を過ぎてから。日本なら考えられません・・・。そして服装。確かにそれなりにオシャレした人もいたけど、「いやあ、とりあえずエプロンだけはずしてきました」という人々もたくさん(爆)。台湾人はあらゆる場面で、よく言えば「南国的のんびり」、悪く言えば「いい加減」。お国違えばほんといろいろ違うもんです。

Dscf1814_2
P1010088
二人のロゴまでできてるんですよー!

さて、今日はもう一人にツアー参加者トシちゃんもすでに台湾入りしています。宿に戻ってから3人で目の前の小吃店へ行き、牡蠣麺線(オアーミースァ=牡蠣入りニュウメン)と臭豆腐(ツォトウフ)を食す。臭豆腐(ツォトウフ)を食べられれば台湾通を名乗ってもよしと言われるが、最初から経験した二人はもう大丈夫!明日も心強いです。

P1020222P1020223
牡蠣麺線と臭豆腐。二人ともいきなりイケてます。

「老王記牛肉麵」台北市中正區桃源街11巷9號及桃源街15號
「故宮晶華」台北市士林區至善路二段221号


« 台湾旅日記2008年9月編その1 | Main | 台湾旅日記2008年9月編その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44923/42710830

Listed below are links to weblogs that reference 台湾旅日記2008年9月編その2:

« 台湾旅日記2008年9月編その1 | Main | 台湾旅日記2008年9月編その3 »