« 台湾旅日記2008年9月編その2 | Main

台湾旅日記2008年9月編その3

目次

9月7日、日曜日。初体験の二人を連れて、1日食べまくりの台北ツアーが始まります。朝は国父記念館向かいのいつもの焼餅油條(サオピンヨウティアオ)と豆漿(トウチャン)から。腹ごなしに国父記念館を散歩した後、やっぱりマストな「鼎泰豊」(ティンタイフォン)へ。何度も書いてるけど、小龍包はやっぱりここが一番、しかも信義路の本店じゃないと駄目です。ちなみに日本の「鼎泰豊」はとは別物ですからー。

P1010123
国父記念館の健康歩道。痛くて歩けませんのでー。
P1010129
週末の午前中のみ限定のプチプチ小龍湯包。ちゃんとヒダもありますよー。マイスターの技。

東門市場をぶらぶらし、潤餅(ルンピャー=春巻きの皮に似た薄皮に炒めた野菜や肉のデンブ、漬物などを巻いたもの)をつまみ食い。この潤餅、2006年に出会い、2007年に再訪したときはいなくて、今回また出会うことができました。聞いたところ、水曜と日曜しかないとか。

P1010135
「鼎泰豊」とセットでマストな「冰館」(ピンクァン)のマンゴーかき氷。今年はマンゴーが不作だそうだけど、何とかシーズン最後に間に合いました。
P1010142P1010145
腹ごなしに中正紀念堂を散歩。この日は日差しが強くて暑い1日だったけど、この紀念堂を囲む回廊は快適。日曜の昼間、京劇や太極拳の練習をする人々、囲碁や将棋を指す人々など様々です。

台北最古のお寺、龍山寺で見様見真似でお参り、必ず訪れる乾物街、廸化街(ディーファジエ)で食材を仕入れてから(そして必ず食す絶品肉まんをほおばってから)、こちらも必ず訪れる週末限定の建国玉市、そしてパイナップルケーキの「佳徳」へ。しかし「佳徳」は中秋節のお菓子を買う人で長蛇の列!やられました・・・。ちなみに中秋節(Mid Autumn Festival)は別名「Mooncake Festival」と呼ばれ、普通は月餅を食べます。

伝統的台湾の雰囲気を味わった後は、最先端の台北へ。Taipei101はご存知世界一高いビル。現在は上海のWorld Financial Centerに並ばれちゃいましたが、やはりそのデカさは迫力があります。展望台へのエレベーターはたった35秒。しかも全然揺れないし、驚異的でっす!
P1010158
お天気がよくて遠くまで見通せました。
P1010170
地下のフードコートで腹ごしらえ。台湾屋台料理の代表のひとつ、牡蠣煎(オアチェン=牡蠣入り卵焼き)と、淡水で食べ残した魚丸湯(ヒーワントゥン=魚の団子入りスープ)。
P1010190
この超未来的建物の隣りに何と畑があり、作業する人々の姿が見えました。映画みたい。

さて、ここから一番近い夜市のある通化街へ。私のツアーのメインはやっぱりちょこちょこ買い食い。

P1010196
「大腸包小腸」大腸はもち米で作ったコッペパンのような形をしたもの、小腸はいわゆる腸詰です。つまり腸詰をもち米で包んで食べます。
P1010199
この夜市では「新顔」っぽい「涼拌木瓜」が人気でした。ベトナム風青いパパイアのサラダですね。辛いけどおいしかった!ひとつずつ注文を受けてから、辛さを加減してドレッシングを調味し、材料と混ぜてます。手間かかるよー、結構。

P1020502
何か賑わっているお店を発見、台南意麺と書いてあります。賑わっている店はやっぱ間違いないはず。入ってみることにしました。意麺とは麺の種類のひとつで、小麦粉で練った白いコシのある麺(カンスイは入っていないと思われる)で、やや平べったく、手打ちのきしめんのよう?
P1010200
さっとゆがいた魚卵(たらこに極めて近い)。台湾独特のあまーいマヨネーズがかかってきちゃったのは失敗だったけど、魚卵自体はウマウマでした。
P1010201P1010204
豚耳とたけのこの刺身。あー、今回もたけのこが食べられて幸せ。魚卵の二の舞にならないように、「マヨネーズは少量!」にしてもらいました。
P1010203
これが意麺。汁なしの肉みそがけ。麺が淡白なので、濃厚な肉みそがよく合います。

最後はオドロキの偶然!4月に公館夜市で出会ったあの宜蘭蔥餅にまた出会うことができたのです。あの葱がたーっぷり入った渦巻き状の激ウマ葱餅。今回も食べに行きたかったけど、時間的に諦めていました。そしたら何と通化街にできてたんだよー、支店が!
愛すべき宜蘭蔥餅に関してはこちらを参照くださいませ。
台湾旅日記2008年4月編その4
P1020510
再会に感涙。堪能させていただきました。本当にうまいっす!

最後はYMCAに戻ってから、いまがシーズンの釈迦頭(正式には番茘枝というらしい)を賞味。その名の通り、お釈迦様の頭みたいな形をしたフルーツですが、水分が少なくて甘味の強い南国っぽい味。
P1020523
シュガーアップルとも言うみたいだけど、アップルとは全く似ていません。

「鼎泰豊」台北市信義路2段194号
「冰館」台北市大安区永康街15号
「宜蘭蔥餅」台北市通化街36-1号


« 台湾旅日記2008年9月編その2 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44923/42863558

Listed below are links to weblogs that reference 台湾旅日記2008年9月編その3:

« 台湾旅日記2008年9月編その2 | Main